敷金無しの物件は得?

公開日:

カテゴリー: 不動産


「敷金無し」の物件を目にすることがあると思います。初期費用を抑えることができてお得!な気がしますが、本当に得なのでしょうか?

そもそも敷金とは?退去時にクリーニング代、破損箇所等あれば差し引いて返金するもの。それまでの預け入れ金です。通常の使用であれば、クリーニング代のみで他は返金になることもあります。

しかし契約時敷金無しということは、預け入れ金が無いため、退去時に別途クリーニング代、補修費用がかかります。いずれにしても契約書等で退去時精算についての確認が必要です。退去時に全く0円で精算というのは、まず無いと思うので、せめて敷金1ケ月くらいは、預け入れておくのが安心でしょう。

物件によっては、敷金無し、その代わり契約時にクリーニング代として先に納める場合があります。これは通常の使用であれば、クリーニング代の範囲で収まりますが、特に酷い使用の場合は追加もやむを得ません。

初期費用を抑えてラッキーと思っていても、行きはよいよい、帰りは~なんてことにならないように、十分確認が必要ですね。